Zend Optimizer のダウンロード

ここではZend Optimizerという無料のPHPコード最適化モジュールを導入して、PHPの高速化を行います。

Zend Optimizer のバージョンが3になって、従来の Zend Optimizer と比較して約40%の高速化を実現しているようです。
また、PHP4.2.x〜PHP4.4.x、最新のPHP環境である PHP5.2.xまで幅広いバージョンのPHP環境に対応しています。

Zend Japanにアクセスして、ユーザー登録を行ってから
Zend Optimizer をダウンロードします。

MyZendログインページ」をクリックします。
ページ下部の「新規作成」をクリック
ユーザー情報登録画面で、*印のついた必須項目を
入力して「確認」をクリック
ユーザー情報登録画面で入力したメールアドレス宛に
右図の様な内容のメールが届きます。

メール本文に記載されているURLを「クリック」します。
メールに記載のURLをクリックすると、右図のページが
表示されて登録が完了します。

ログインページ」をクリック
ユーザー情報登録画面で入力した、ID、パスワードを
入力してログインします。
「Zend Optimizer 日本語版のダウンロード」の
右側の「次へ」をクリック
Linux版ダウンロード(glibc2.1)」をクリックして
ダウンロードします。

ダウンロードしたZend Optimizerは /rootディレクトリに
移動しておきます。

Zend Optimizer のインストール




# tar zxvf ZendOptimizer-3.0.0-linux-glibc21-i386.tar.gz ← 解凍

# cd ZendOptimizer-3.0.0-linux-glibc21-i386 ← 解凍後のディレクトリへ移動

# ./install ← インストール開始

インストールを開始すると右図の様なようこそ画面が
表示されます。

OKなので「Enter」をクリック
ZendOptimizerのライセンス画面です。

Enter」で次へ
ZendOptimizerのライセンス承諾画面です。

<
Yes >を選択して「Enter」で次へ
Zend Optimizerのインストール場所の選択画面です。

標準設定のままでOKでなので、
<
OK >を選択して「Enter」で次へ
php.iniファイルの場所を指定する画面です。

VineのPHP5.1.4の場合は/etc/php5にあるので、
/etc/php5を指定して< OK >を選択して「Enter」で次へ


※ 注意
PHP5.1.4からphp.iniの場所が/etc/php.iniから
/etc/php5/php.iniへ変わっているようです。
Apacheを利用しているかという質問です。

利用していますので<
Yes >を選択して「Enter」で次へ
apachectlが存在する場所を指定します。

自動的に検索してくれるので、そのまま< OK >を
選択して「
Enter」で次へ

もし間違っている場合は、修正して下さい。



※ 注意
apache1.3系では自動で検索してくれない時があります。
その場合は/usr/sbin/httpdを指定してみてください。

インストール画面です。
php.iniを修正した事を報告しています。

そのまま< OK >を選択して「Enter」で次へ
インストール完了画面です。

そのまま< OK >を選択して「Enter」で次へ
Apacheの再起動をするかどうか聞いています。

再起動で設定を反映するので
<
Yes >を選択して「Enter」で次へ

手動で再起動する場合は< No >を選択
再起動中
Apache再起動終了画面です。

そのまま< OK >を選択して「Enter

これで全ての作業が終了しました。


# rm -rf ZendOptimizer-3.0.0-linux-glibc21-i386 ← 展開ファイルの削除

# rm -f ZendOptimizer-3.0.0-linux-glibc21-i386.tar.gz ← ダウンロードファイルの削除

Zend Optimizer の確認




インストール後、PHPの設定が変わっていないかを確認します。
また、Zend Optimizerの設定が反映されているか確認します。

# vi /etc/php5/php.ini ← 設定の確認(PHP5.1.4以下は/etc/php.ini)

最下部にZend Optimizerの記述があるのを確認

[Zend]
zend_extension_manager.optimizer=/usr/local/Zend/lib/Optimizer-3.0.0
zend_extension_manager.optimizer_ts=/usr/local/Zend/lib/Optimizer_TS-3.0.0
zend_optimizer.version=3.0.0

zend_extension=/usr/local/Zend/lib/ZendExtensionManager.so
zend_extension_ts=/usr/local/Zend/lib/ZendExtensionManager_TS.so

eAcceleratorを導入する場合の注意
Zend OptimizerのセクションはeAcceleratorの後でロードする必要があります。


<?php
phpinfo();
?>


上記内容を記述したファイルをtest.phpという名前で保存して、ホームディレクトリにアップします。

ブラウザでtest.phpにアクセスして、右図の赤枠の部分に
下記の1行があるか確認します。

with Zend Optimizer v3.0.0, Copyright (c) 1998-2006, by Zend Technologies

記述があれば Zend Optimizer の導入は成功しています。




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.