ユーザー追加時にフォルダを自動作成

etc/skel/の中身のディレクトリがユーザーを追加した時に自動で作成されます
なので skel の中に public_html とその中に cgi-bin フォルダを作成しておくといちいち、後からディレクトリを作る手間が省かれます。
 
(設置例)管理人Yosiの場合
  public_html/
 │
 ├-------- cgi-bin/
 |       |
 |       └----- cgi プログラムフォルダ等
 |
 └----imgフォルダ等


# mkdir -p /etc/skel/public_html/cgi-bin ← public_htmlとcgi-binを作製

ユーザー追加の条件

一般ユーザー
一般ユーザーはサーバーにログインが可能で、SSHによるリモート接続も可能です。

メール&FTP専用ユーザー
題名の通りメール&FTP専用のユーザーです。
サーバーへのログインや、SSHによるリモート接続ができないユーザーです。
他人にサーバースペースを貸す場合等はこちらでユーザーの追加をしたほうがよいと思います。

一般ユーザーの追加(SSHによるリモート接続もできる)

※注意!
ユーザー名として使用できる文字は、英数小文字および「-」、「_」等です。


ここでは例としてyosiと言うユーザーを追加していきます。

# useradd yosi ← yosiという名前の一般ユーザーを作成

# passwd yosi ← yosiのパスワード設定
Changing password for user yosi. New password: ← yosiのパスワード応答
Retype new password: ← yosiのパスワード応答(確認)

passwd: all authentication tokens updated successfully. ← これが出てくればOKです

#ユーザーのホームディレクトリのパーミッション変更
# chmod 711 /home/yosi/ ← yosiの部分は各自の環境に合わせてください。

メール&FTP専用ユーザーのシェルを作成


まず /bin/ftp と言うシェルを作ります 
# cp /bin/false /bin/ftp ← /bin/false を /bin/ftp にコピー

次に/etc/shells に/bin/ftpを追記する

# vi /etc/shells
 i キー(入力モード)

/bin/ftp ← 最下部にでも追記してください

記載したら Esc キー(コマンドモード) :wq で保存

メール&FTP専用ユーザーの追加

※注意!
ユーザー名として使用できる文字は、英数小文字および「-」、「_」等です。


ここでは例としてyosiと言うユーザーを追加していきます

# useradd -s /bin/ftp yosi ← yosiという名前のメール&FTP専用ユーザーを作成

# passwd yosi ← yosiのパスワード設定
Changing password for user yosi. New password: ← yosiのパスワード応答
Retype new password: ← yosiのパスワード応答(確認)

passwd: all authentication tokens updated successfully. ← これが出てくればOKです

#ユーザーのホームディレクトリのパーミッション変更
# chmod 711 /home/yosi/ ← yosiの部分は各自の環境に合わせてください。

これでユーザーの追加が終わりました。

ユーザーとグループの削除


ここでは例としてyosiと言うユーザーを削除します

# userdel yosi

ただし、この場合は作成したホームディレクトリは残ります

ホームディレクトリごとユーザーを削除する場合

# userdel -r yosi

グループを削除する場合
※当サイトのユーザー追加方法では、ユーザー名と同じグループも登録されるので削除した方が良い

# groupdel yosi




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.