ルータの役割

Yosi はBUFFALOの「BBR-4HG」と言うルータを購入して設定しております。
機種が違っても基本的な設定は同じだと思います。

ルータの役割としては、外部からのアクセスを 192.168.11.2(サーバー) に渡す事です。

例として以下のような状態になります

外部/訪問者(HTTPリクエスト 80番ポート)

ルータ ( 80番ポートへの要求 → アドレス変換 → 192.168.11.2 へ )

サーバ( Apache )

ルーターの設定

まず、ブラウザを起動し http://192.168.11.1/ にアクセスし、Broad Stationの設定画面を開きます。

詳細設定」を開き、「アドレス変換」→「アドレス変換ルールを入力」をクリック

ポートを選択又は、入力する。

HTTPとFTPは「任意のTCPポート」をクリックするとTCPポートを選択できますが、
MAILの場合は「任意のTCPポート」を選択して「任意のポート」に入力しなくてはいけません。

HTTPの場合は「任意のTCPポート」からHTTP(TCPポート:80)を選択してください。

FTPの場合は「任意のTCPポート」からFTP(TCPポート:20-21)を選択してください。

MAIL設定は以下の2つが必要になります。

POP(受信)の設定は「任意のTCPポート」を選択して、「任意のポート」にPOPの「110」を入力
SMTP(送信)の設定は「任意のTCPポート」を選択して、「任意のポート」にSMTPの「25」を入力

ポートを入力したら「LAN側IPアドレス」に「192.168.11.2(サーバーのIP)」を入力して、「ルールを追加」をクリック

各設定が出来たら、「登録・保存」をクリックして設定は終了です。

※ 各ポートずつこの作業を繰り返してください。






Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.