ネットワークの設定

ネットワークの設定では、サーバーのIPアドレスを
固定したり、ホスト名やゲートウェイを指定したり
する事が可能。


例えばルータの買い替え等でゲートウェイの変更や
サーバーのIPアドレスを変更したい場合等には、
ネットワークの設定が必要になる。


インストール時に右記の部分でネットワークの設定を
行わなかった場合も設定が必要となる。


特に変更する必要がなくVine Linuxのインストール時に
右記の部分でネットワークの設定を行った場合は特に
ここで設定する必要はないと思う。

しかし念のため確認しておくほうが賢明だと思う。

ホスト名やゲートウェイの設定


# vi /etc/sysconfig/network ← ネットワークの確認と必要な場合は設定

NETWORKING=yes
HOSTNAME=server.xxxxx.com ← ホスト名(好きな名前.ドメイン名)ドメイン名の手前にドット「.」があります。
GATEWAY=192.168.0.1 ← ゲートウェイ(ルータのIPアドレス)
DOMAINNAME=xxxxx.com ← ドメイン名(省略可)


#自ホストでの名前解決の確認と設定

# hostname ← ホスト名の確認
server.xxxxx.com

# vi /etc/hosts ← 変更する場合は編集
# Do not remove the following line, or various programs
# that require network functionality will fail.
127.0.0.1               server.xxxxx.com server localhost.localdomain localhost

# reboot ← 再設定を行った場合はサーバーを再起動

ネットワークインターフェースの設定


# ifconfig eth0 ← 設定内容の確認


# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ← eth0の設定

Yosiの設定もこんな感じになっています。

DEVICE=eth0 ← デバイス名

BOOTPROTO=static ← ブートタイプ(dhcpまたはstaticを指定)

BROADCAST=192.168.0.255 ← ブロードキャスト

HWADDR=00:22:5G:99:AC:CD ← MACアドレス

IPADDR=192.168.0.5 ← サーバーのIPアドレス

NETMASK=255.255.255.0 ← ネットマスク

NETWORK=192.168.0.0 ← ネットワーク

ONBOOT=yes ← 起動時にインターフェースを立ち上げるかどうか (yesまたはnoを指定)

TYPE=Ethernet ← このインタフェイスのタイプ(イーサネットはEthernet、モデムはModem)



# /etc/rc.d/init.d/network reload ← 再設定を行った場合はネットワークを再起動

# ifconfig eth0 ← 設定内容の確認






Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.