apt-getコマンドでアップグレード

# uname -r ← 現在のバージョンを調べる
2.4.22-0v12.10

# apt-get update

# apt-get install kernel

ファイル依存を処理しています... 完了
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
パッケージ kernel は以下のパッケージで提供されているバーチャルパッケージです。
kernel22-smp#2.2.20-0vl10 2.2.20-0vl10
kernel-smp#2.4.22-0vl2.14 2.4.22-0vl2.14
kernel-smp#2.4.22-0vl2.13 2.4.22-0vl2.13
kernel-smp#2.4.22-0vl2.12 2.4.22-0vl2.12
kernel-smp#2.4.22-0vl2.11 2.4.22-0vl2.11
kernel-BOOT#2.4.22-0vl2.14 2.4.22-0vl2.14
kernel-BOOT#2.4.22-0vl2.13 2.4.22-0vl2.13
kernel-BOOT#2.4.22-0vl2.12 2.4.22-0vl2.12
kernel-BOOT#2.4.22-0vl2.11 2.4.22-0vl2.11
kernel#2.4.22-0vl2.14 2.4.22-0vl2.14
kernel#2.4.22-0vl2.14 2.4.22-0vl2.14
kernel#2.4.22-0vl2.13 2.4.22-0vl2.13
kernel#2.4.22-0vl2.13 2.4.22-0vl2.13
kernel#2.4.22-0vl2.12 2.4.22-0vl2.12
kernel#2.4.22-0vl2.12 2.4.22-0vl2.12
kernel#2.4.22-0vl2.11 2.4.22-0vl2.11
kernel#2.4.22-0vl2.11 2.4.22-0vl2.11
kernel22#2.2.25-0vl3 2.2.25-0vl3
kernel-smp#2.4.22-0vl2.10 2.4.22-0vl2.10
kernel-BOOT#2.4.22-0vl2.10 2.4.22-0vl2.10
kernel#2.4.22-0vl2.10 2.4.22-0vl2.10
kernel#2.4.22-0vl2.10 2.4.22-0vl2.10
インストールするパッケージを明示的に選択する必要があります。
E: Package kernel has no installation candidate

カーネルをアップグレードするときは、バージョンを明示しなさいと言ってきます。
そこで、最新の2.4系カーネルを選択して、インストールします。

インストールしたいカーネルのバージョンを次のように指定します。

# apt-get install kernel#2.4.22-0vl2.14

kernelの文字列の次に#をつけてバージョン名を指定します。

その他のカーネルは以下のようになっているので、必要に応じてインストールしてください。

  1. インストールディスク用のカーネル (kernel-BOOT)
  2. マルチCPU用のカーネル (kernel-smp)
  3. カーネルバージョン2.2系 (kernel22)
liloの設定



新しくインストールしたカーネルで起動する為に、liloを設定します。

/etc/lilo.confをエディタで編集します。

prompt
timeout=50
default=linux
boot=/dev/hda
map=/boot/map
install=/boot/boot.b
message=/boot/message
lba32

image=/boot/vmlinuz-2.4.22-0vl2.14 ← ココで新しいカーネルを指定
label=linux
read-only
root=/dev/hda6

image=/boot/vmlinuz-2.2.25-0vl3
label=linux-2.2-up
read-only
root=/dev/hda6

# /sbin/lilo ← liloを有効にします
Added linux *
Added linux-2.2-up

ここでエラーが出たら、lilo.conf を見直しましょう。

新しいカーネルの起動を確認します。

サーバーを再起動します。
起動したら、以下のコマンドにより、カーネルのバージョンを確認します。

$ uname -r
2.4.20-0vl29.1

この様に、新しいカーネルのバージョンが表示されればOKです。




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.