ようこそVineLinuxで自宅サーバーへ

★ このサイトは、管理人Yosiが自作PCで自宅サーバーを構築した際のメモ書きを、自分が再設定する際に分かりやすくする為と、サーバー設定の方法を多くの方に分かりやすく配信したいと考えてHTML化して情報公開しています。

★ 左記画像のようなGUIでの操作も可能ですが、このサイトでは初心者でもコマンド操作を覚えれるように、コマンド操作を基本に、セキュリティー面も考慮したサーバー構築手順を分かりやすく説明していきます。

また、24時間連続稼動しているサーバーの電気代を、広告にて賄う方法まで紹介していきます。

★ 極力チェックを重ねた上で記載していますが、もし、誤りがあったり、「このようにした方がいいよ〜」と言った、
ご指摘、ご指導、ご感想・ご要望等は、お気軽に管理人Yosi までお問い合わせください。


★ 尚、当サイトの内容に関して、動作保障など、一切責任を持ちませんので、各自の責任で行ってください。

更新履歴とお知らせ!

何故、自宅サーバー?

管理人Yosiは、自宅サーバーを構築する以前は、有料のレンタルサーバーを利用していました。
しかし、趣味のサイトを運営するにしては、費用は高いし、色々と制限が多く、使用していたCGIの規制や、
アクセスが増えて喜んでいたところ転送量が一定量を超えたので、超過分の料金を支払えと言うものでした。

そんな事もあって、何か納得がいかず色々と調べていると、自分の家でもサーバーを構築できる事が分かりました。
早速、自宅サーバー構築に挑戦です。

まず、OS選びです。
最初は慣れ親しんだWinXPにて構築をしようと思ったのですが、調べているうちにLinux(リナックス)という
今まで聞いた事のない言葉を目にしました。

Linuxについて調べていくと、無料でサーバー構築できることが分かりました。
この無料と言う言葉がYosiのニーズにピッタリで、Linuxという名前も「かっこいい〜やん」と言う事で
Linuxで自宅サーバーを構築する事にしました。

何故、Vine Linux?

早速構築と思ったのですが、Linuxにも色々と種類がある事を知りました。
そこで私が選んだのはサイトの名前でもある「Vine Linux」です。

何故、管理人YosiがVine Linuxを選んだかと言うと、少し古い型のしょぼいPCでも軽く動く事や、日本語環境が
しっかりしている事と、開発スピードがそれほど早くないので各ソフトが安定している事でしょうか。

実は、YosiはVine Linuxから一度Fedora Coreへ浮気した事があります。
サーバー構築は問題なく行えて安定していたのですが、開発スピードが速すぎて、ついて行くのが大変で、
サーバーには不向きだと私は感じました。

何故かと言うと、YosiはFedora Core2でサーバー構築したのですが、数ヶ月で新しいバージョン(Fedora Core3〜4)が
次々と出て、バージョンアップさせるのが大変でした。

そんな事もあり、私自身の経験からサーバー構築にはVine Linuxが適していると感じました。
そして、Vine Linuxに対する、魅力が一層増した事は言うまでもありません。

自宅サーバーのメリット、デメリットは?

メリット
● 全て無料。
● 低スペックのPCでも動作するので余っているパーツの寄せ集めでもOK。
● 機能的に制限が無い。(容量、転送量、CGI、その他プログラムでも無制限)
● サーバー構築を通じてスキルアップができる。
● ほぼ無料でかなり遊べる。(ここで言う遊ぶとはサーバーの設定を楽しむと言う意味です)

デメリット
● 当たり前ですが、色々と設定しなくてはいけない。
● サーバーの管理が必要。
● 外部から狙われる可能性があるので、セキュリティー面に気を使う。(当サイトでは、セキュリティー面も考慮)
● 24時間連続稼動しているので、電気代が気になる。(当サイトでは広告で電気代を補う方法を紹介)
● 24時間連続稼動しているので、音が気になる神経質な方はサーバーの静穏化が必要?

自宅サーバーWebRing
  乱移動サイト一覧

|ID=242 前後5表示



Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.