DiCEに独自ドメイン用イベントを追加

例として「 abcdef.com 」どいうドメイン名を取得したものとします

ここでは、EveryDNS.net で独自ドメインを運用する場合の基本的なイベントの追加を行います。


# /usr/local/bin/DiCE/diced  ←DiCEd を起動

=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

:add ←イベントの追加
新しくイベントを追加します

DynamicDNSサービス名を入力してください
"?"で対応しているサービスを一覧表示します
(P)戻る
>EveryDNS ← EveryDNS を利用するので、EveryDNS と入力
-------------------------------------------------
<< EveryDNS.net >>
URL: http://www.everydns.net/
=================================================
ドメイン名を入力してください
"?"でドメイン一覧を表示します
(P)戻る
>abcdef.com ← 自分の取得したドメイン入力します
=================================================
ホスト名を入力してください
(P)戻る
> 空白のままでOK
=================================================
ログインユーザ名を入力してください
(P)戻る
>username ← EveryDNS で登録したユーザ名
=================================================
ログインパスワードを入力してください
(P)戻る
>xxxxxxxxxxx ←EveryDNS に登録したパスワード
=================================================
登録するIPアドレスを入力してください
空白にすると現在のIPアドレスを自動検出します
(P)戻る
> 空白のままでOK
=================================================
このイベントに題名を付けてください
(P)戻る
>EveryDNS ← 名前は任意でOKです
=================================================
このイベントを実行するスケジュールを設定します
-------------------------------------------------
実行する頻度を指定してください (番号入力)
(0)1回のみ (1)1日1回 (2)1週間に1回 (3)1ヵ月に1回
(4)その他の周期 (5)IPアドレス変化時 (6)起動時
(P)戻る
>5 ← (5)IPアドレス変化時を選択
-------------------------------------------------
IPアドレスがあまり変化しない環境の場合、更新せずに一定期間を過ぎると
アカウントを削除されてしまうことがあります
IPアドレスの変化が無い時に実行する間隔を指定してください
(0)7日毎 (1)14日毎 (2)21日毎 (3)28日毎
(4)35日毎 (5)56日毎 (6)84日毎
(P)戻る
>1 ← 各自の環境に合わせて選択
=================================================
=================================================
このイベントを有効にしますか? (Y/N)
(イベントの有効/無効は"EN/DIS"コマンドで切替えられます)
>y
=================================================
イベントを保存しますか? (Y/N)
>y
イベント"EveryDNS"を保存しました
=================================================

きちんとイベントが登録されているか見る

:list ←登録済のイベント一覧表示します
(No.)   (イベント名)    (スケジュール)     (次回予定)
 0 *    EveryDNS     IPアドレス変化時   (14日毎) 04/10 12:37 ← 追加を確認
:exit ← diced を終了させます


# ps -C diced ← diced の起動を確認
  PID TTY     TIME CMD
  1778 ?     00:00:05 diced

もし起動していなければ、以下のコマンドを入力し、起動させます
# /usr/local/bin/DiCE/diced -d -l ← diced の起動オプション -d でバックグラウンドで開始、 -l はログを作成
=-=-=- DiCE DynamicDNS Client -=-=-=
Version 0.19 for Japanese
Copyright(c) 2001 sarad

DiCE Daemon Started !!

イベントの追加は登録したDNSサーバーの数だけ必要です

追加・常駐の確認を必ず行って下さい。




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.