市販ルータ使用の場合は、ほとんどこの機能が搭載されています。
市販ルータ使用の場合で、DHCP機能が搭載されている場合この設定は不要です。

ここではサーバー機でルータ構築した場合、内部クライアントPCへ自動でIPアドレスを割り当てるようにします。

DHCPサーバーのインストールと設定


# apt-get install dhcp ← dhcpインストール
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
dhcp
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 0 個
577kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 1213kB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/plus dhcp 1:3.0pl2-6vl1 [577kB]
577kB を 0s 秒で取得しました (821kB/s)
変更を適用しています...
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:dhcp                   ########################################### [100%]
完了

DHCPサーバー設定ファイルをサンプルより作成
# cp /usr/share/doc/dhcp-*/dhcpd.conf.sample /etc/dhcpd.conf

# vi /etc/dhcpd.conf ← DHCPサーバー設定ファイル編集

i キー(入力モード)

ddns-update-style interim;
ignore client-updates;

subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 { ← 各自の環境に合わせてください

# --- default gateway
        option routers                  192.168.1.1; ←ルータのIP(サーバーでルータ構築した場合はサーバーIP)
        option subnet-mask              255.255.255.0;

        #option nis-domain              "domain.org"; ← # を追記(コメントアウト)
        option domain-name              "xxxxx.com"; ← ドメイン名を指定

#ルータ経由の場合はルータのIPアドレスを指定(192.168.1.1;)
#サーバーでルータ構築した場合は、プロバイダのDNSサーバーを指定(11.22.111.222,11.22.111.223;)
#サーバーでルータ構築した場合でも、すでにDNSサーバーを構築した場合は、サーバーのIPアドレスを指定
        option domain-name-servers      192.168.1.1;

        option time-offset              -18000; # Eastern Standard Time
#       option ntp-servers              192.168.1.1;
#       option netbios-name-servers     192.168.1.1;
# --- Selects point-to-point node (default is hybrid). Don't change this unless
# -- you understand Netbios very well
#       option netbios-node-type 2;

        range dynamic-bootp 192.168.1.2 192.168.1.254; ← クライアントに割り当てるIPアドレスを指定
        default-lease-time 21600;             (192.168.1.2〜192.168.1.254)
        max-lease-time 43200;

        # we want the nameserver to appear at a fixed address
        #host ns { ← # を追記(コメントアウト)
                #next-server marvin.redhat.com; ← # を追記(コメントアウト)
                #hardware ethernet 12:34:56:78:AB:CD; ← # を追記(コメントアウト)
                #fixed-address 207.175.42.254; ← # を追記(コメントアウト)
        #} ← # を追記(コメントアウト)
}


記載したら Esc キー(コマンドモード):wq で保存


# /etc/init.d/dhcpd start ← DHCPサーバー起動
dhcpdを起動中:                                 [  OK  ]

クライアントPCからDHCPのテスト



※ ここでは、クライアントマシンを、管理人の使用するWindows XPとして話を進めていきます。

 @ マイネットワークを右クリック

 A プロパティーをクリック
 B ローカルエリア接続を右クリック

 C プロパティーをクリック
 D インターネットプロトコルを選択

 E プロパティーをクリック
 F IPアドレスを自動的に取得するにチェック

 G DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する
    をチェック

 H OKをクリック

上記設定が終了したら、コマンド プロンプトで、クライアントのIPアドレス取得状況を確認します。

「コマンド プロンプト」は「スタートメニュー」の「アクセサリ」にあります。


C:\Documents and Settings\Yosi>ipconfig /all ← 確認
Ethernet adapter ローカル エリア接続:

        Connection-specific DNS Suffix  . : xxxxx.com
        Description . . . . . . . . . . . : Intel(R) PRO/1000 CT Network Connection
        Physical Address. . . . . . . . . : 00-1C-66-99-AF-HG
        Dhcp Enabled. . . . . . . . . . . : Yes ← yesでDHCPサーバーが有効になっているか確認
        Autoconfiguration Enabled . . . . : Yes
        IP Address. . . . . . . . . . . . : 192.168.1.10 ← DHCPサーバーから割り当てられたIPアドレス
        Subnet Mask . . . . . . . . . . . : 255.255.255.0
        Default Gateway . . . . . . . . . : 192.168.1.1 ← DHCPサーバーから割り当てられたルーターIPアドレス
        DHCP Server . . . . . . . . . . . : 192.168.1.1 ← DHCPサーバーIPアドレス
        DNS Servers . . . . . . . . . . . : 11.22.111.222 ← DHCPサーバーから割り当てられたDNSサーバーIPアドレス
                                            11.22.111.223 ← DHCPサーバーから割り当てられたDNSサーバーIPアドレス
        Lease Obtained. . . . . . . . . . : 2006年1月30日 13:34:26
        Lease Expires . . . . . . . . . . : 2006年1月30日 20:34:26

DHCPサーバーの自動起動設定


# chkconfig dhcpd on ← DHCPサーバー自動起動設定

# chkconfig --list dhcpd ← 自動起動設定の確認
dhcpd           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off ← 3〜5がonを確認




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.