ダイナミックDNSに登録する

ダイナミック DNS とは、DNS にダイナミック(動的)に IP アドレスを書き換えてくれるサービスの事です。

取得したドメインに対する 外部の DNS サーバは必須で、
外部の DNS サーバ EveryDNS.net に登録する事にします。

※注意
miniDNS → 3domain と外部DNSサーバーを紹介してきましたが、
最近 3domain から何やら有料うんぬんと言う英語のメールが来たので今後は EveryDNS.net を利用することにしました。

まずは下記サイトから登録していきます。

EveryDNS.net



EveryDNS.net のトップページ
@ 任意のユーザーネーム

A 貴方のメールアドレス

B 希望パスワード
  ※(確認用も記入)
C クリック
登録が正常に終わると下記の画面が出てきます。

ドメインの登録
@ 取得したドメインを記入

A Make domain dynamic. の
  ラジオボタンをチェック

B basic をクリック

C 取得したドメインをクリック
※ 上記設定をしたらここに
  取得したドメインが表示
  されます。

  
取得したドメインが「 xxxxx.com 」だとしたらこれで、「 http:// xxxxx.com/ 」でアクセス可能になりました。

www でアクセス可能にする

@ www.取得したドメインを記入
 例) www.xxxxx.com

A CNAME を選択

B 取得したドメインを記入

C Add Record をクリック

これで、「 http://www.xxxxx.com/ 」でアクセス可能になりました

バーチャルホストでサイト公開(バーチャルで公開する場合のみ)

@ *.取得したドメインを記入
 例) *.xxxxx.com

A CNAME を選択

B 取得したドメインを記入

C Add Record をクリック

このバーチャルホストの設定をすると、「 http://***.xxxxx.com/ 」( *** 部分は何でも良い)でアクセス可能になります。
当然、Web サーバでのバーチャルホストを設定していなければ、正常に動作しません。
Apache ではバーチャルホストに該当しない、「 ***.xxxxx.com 」への要求はデフォルトサーバの設定を適応します。

MX レコードの登録

@ 取得したドメインを記入

A MX を選択

B 取得したドメインを記入

C 10 を記入

DAdd Record をクリック

登録の確認



このようになっていれば設定はうまく言っていると思います。

※注 この画面では www の設定は入っていません。

※注意
ドメインを取得したら、そのドメインのネームサーバー(NS)を、登録したダイナミックDNSのネームサーバーを必ず指定してください。
ドメインを取得した業者さんで、ネームサーバーの設定ページがあると思います。

VALUEの場合はこんな感じです。



例) EveryDNS.netのネームサーバーの場合
ns1.everydns.net
ns2.everydns.net
ns3.everydns.net
ns4.everydns.net

設定してから、反映されるまで24〜48時間程度掛かりますので気長にサーバーの設定でもして
待ってみてください(^^♪




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.