Webサーバー通信暗号化(Apache2 + mod_SSL)


# apt-get install mod_ssl-apache2 ← mod_sslインストール
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存情報ツリーを作成しています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  mod_ssl-apache2
アップグレード: 0 個, 新規インストール: 1 個, 削除: 0 個, 保留: 1 個
80.5kB のアーカイブを取得する必要があります。
展開後に 167kB のディスク容量が追加消費されます。
取得:1 http://updates.vinelinux.org 3.2/i386/plus mod_ssl-apache2 1:2.0.55-0vl1.1 [80.5kB]
80.5kB を 0s 秒で取得しました (486kB/s)
変更を適用しています...
準備中...                   ########################################### [100%]
   1:mod_ssl-apache2        ########################################### [100%]
完了

# cd /usr/share/ssl/certs ← 移動

# make server.key ← サーバー用秘密鍵作成
umask 77 ; \
/usr/bin/openssl genrsa -des3 1024 > server.key
Generating RSA private key, 1024 bit long modulus
.......................++++++
.++++++
e is 65537 (0x10001)
Enter pass phrase: ← 任意のパスワードを入力(表示はされません)
Verifying - Enter pass phrase: ← 再度パスワード確認

Webサーバー起動時にパスワードを要求されないようにするため
サーバー用秘密鍵からパスワードを削除します。


# openssl rsa -in server.key -out server.key
Enter pass phrase for server.key:
writing RSA key


# make server.csr ← サーバー用公開鍵作成
umask 77 ; \
/usr/bin/openssl req -new -key server.key -out server.csr
You are about to be asked to enter information that will be incorporated
into your certificate request.
What you are about to enter is what is called a Distinguished Name or a DN.
There are quite a few fields but you can leave some blank
For some fields there will be a default value,
If you enter '.', the field will be left blank.
-----
Country Name (2 letter code) [AU]:JP ← 国名を入力
State or Province Name (full name) [Some-State]:Nara ←都道府県を入力
Locality Name (eg, city) []:Katuragi ← 市区町村を入力
Organization Name (eg, company) [Internet Widgits Pty Ltd]:xxxxx.com ← サーバー名を入力(何でもOK)
Organizational Unit Name (eg, section) []: ← 部署(空EnterでもOK)
Common Name (eg, YOUR name) []:xxxxxx.com ← ホスト名を入力
Email Address []:info@xxxxxx.com ← 管理者メールアドレス

Please enter the following 'extra' attributes
to be sent with your certificate request
A challenge password []: ← 空EnterでOK
An optional company name []: ← 空EnterでOK


# openssl x509 -in server.csr -out server.pem -req -signkey server.key -days 365 ← サーバー用証明書作成
Signature ok
subject=/C=JP/ST=Nara/L=Katuragi/O=xxxxx.comt/CN=xxxxx.com/emailAddress=info@xxxxx.com
Getting Private key

# chmod 400 server.* ← rootのみ参照できるようにパーミッション変更

Apacheの設定




# vi /etc/apache2/conf.d/ssl.conf ← 設定ファイル編集

<VirtualHost _default_:443>

# General setup for the virtual host
DocumentRoot "/var/www/html" ← 変更(httpd.confで設定したDocumentRootを指定)


SSLCertificateFile /usr/share/ssl/certs/server.pem ← サーバー用証明書を指定

SSLCertificateKeyFile /usr/share/ssl/certs/server.key ← サーバー用秘密鍵を指定

ログの場所を変更
CustomLog /var/log/apache2/ssl_request_log \
"%t %h %{SSL_PROTOCOL}x %{SSL_CIPHER}x \"%r\" %b"


# /etc/rc.d/init.d/apache2 restart ← 再起動
httpdを停止中:                          [  OK  ]
httpdを起動中:                          [  OK  ]

動作確認

まず、ルーターの設定でポート443番を空けます。

次にここのサイトで443番ポートがきちんと空いているかチェックします。

ポートが開いているのを確認できたら
https://IPアドレス(またはドメイン名)にてアクセスします。 
httpの後の「s」を忘れずに!!

アクセスしたらこのような警告ウィンドウが表示されますので、
「はい」をクリックするとサイトが表示されると思います。

また、証明書のインストールを行えば、次回から警告ウィンドウは表示されなくなります。




Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.