Webalizer のインストール


まず、 webalizer をインストールします。

# apt-get install webalizer

webalizer本体と設定ファイルは、次のところにインストールされます。
また、/home/httpd/html/webalizer という空のフォルダが作成されます。

webalizer本体 → /usr/bin/webalizer
設定ファイル → /etc/webalizer.conf
作成されたフォルダ → /home/httpd/html/webalizer

設定


# vi /etc/webalizer.conf

 iキー(入力モード)

※注意 Apache2の場合はログの場所を/var/log/httpd→/var/log/apache2に変更してください。

LogFile /var/log/httpd/access_log ← access_logのパス
OutputDir /home/httpd/html/webalizer ← 解析結果を納めるディレクトリ
HistoryName /home/httpd/html/webalizer/webalizer.hist
Incremental yes ← 解析結果を保存
IncrementalName /home/httpd/html/webalizer/webalizer.current
HostName www.xxxx.ne.jp ← 解析対象
PageType php ← 追加拡張子

記載したら Esc キー(コマンドモード):wqで保存


統計結果ファイルを作成

# /usr/bin/webalizer -c /etc/webalizer.conf

このコマンドで設定ファイルに指定した /home/httpd/html/webalizer 下にファイルが作成されます

これで、http://www.xxxx.ne.jp/webalizer/で結果を見れるようになりました。


各ユーザーごとに個別で利用する場合



設定ファイルは各ユーザーのドキュメントルートに/etc/webalizer.confをコピーして使用します。

※ 作業を進めるには、Apacheで各ユーザーのログを別個に取得し、ログローテーションを行っている事が前提となります。


# cp /etc/webalizer.conf /home/ユーザー名 ←webalizer.confを/home/ユーザー名にコピー

# mkdir /home/ユーザー名/public_html/webalizer ← Webalizer観覧用ディレクトリ作製


次に設定ファイル/home/ユーザー名/webalizer.confを編集

※注意 Apache2の場合はログの場所を/var/log/httpd→/var/log/apache2に変更してください。

LogFile /var/log/httpd/ユーザー名/access_log
OutputDir /home/ユーザー名/public_html/webalizer
HistoryName /home/ユーザー名/public_html/webalizer/webalizer.hist
IncrementalName /home/ユーザー名/public_html/webalizer/webalizer.current
HostName zzzz.xxxx.ne.jp


# /usr/bin/webalizer -c /home/ユーザー名/webalizer.conf ← ファイル作成

このコマンドで設定ファイルに指定した /home/ユーザー名/public_html/webalizer下にファイルが作成されます

これで、 http://zzzz.xxxx.ne.jp/webalizer/又は http://xxxx.ne.jp/~ユーザー名/webalizer/で
アクセスが可能になりました。


解析結果の更新を自動化


# vi weblizer.sh
 i キー(入力モード)

#!/bin/sh

/usr/bin/webalizer -c /etc/webalizer.conf ← メインの記述
/usr/bin/webalizer -c /home/ユーザー名/webalizer.conf ← ユーザーの記述
  
ユーザーが多数の場合は複数記載してください


記載したら Esc キー(コマンドモード):wqで保存


# chmod 755 webalizer.sh ← 実行件を与える

# crontab -e ← cronの編集
 iキー(入力モード)

00 00 * * * /root/webalizer.sh

これで毎日00.00分にスクリプトが実行されます。

記載したら Esc キー(コマンドモード):wqで保存

# /etc/rc.d/init.d/crond restart ←Cron を再起動





Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.