SSH1(Tera Term Pro編)

ここでは、リモート接続用ソフトとして、SSH1接続のTera Term Proを使用します。

RSA認証鍵の作成(Tera Term Pro編)

sshd
先ほどの sshd_cofig に記載したユーザーになります

# su - yosi ← yosiは例ですので間違わないように!

$ ssh-keygen -t rsa1 ← 鍵の作成
Generating public/private rsa1 key pair.
Enter file in which to save the key (/home/yosi/.ssh/identity):> ← ENTER
/home/yosi/.ssh/identity already exists.
Enter passphrase (empty for no passphrase): パスワードを入力
Enter same passphrase again: 再度パスワードを入力(確認)

$ ls -al .ssh/ ← 鍵ペアの確認
total 20
drwxr-xr-x 2 yosi yosi 4096 Aug 11 21:22 .
drwxr-xr-x 9 root root 4096 Aug 6 12:27 ..
-rw------- 1 yosi yosi 532 Aug 11 21:22 identity ← 秘密鍵
-rw-r--r-- 1 yosi yosi 336 Aug 11 21:22 identity.pub ← 公開鍵

$ cd /home/yosi/.ssh/ ← yosiの部分は各自の環境に

$ cp identity.pub authorized_keys ← 公開鍵をauthorized_keysに出力

$ rm -f /home/yosi/.ssh/identity.pub ← 元の公開鍵を削除

$ chmod 600 /home/yosi/.ssh/authorized_keys ← 公開鍵のパーミッションを自分のみアクセス可能に変更

$ exit ← rootに戻る


indentity をクライアント機に移動

identity はSSH で接続する際、クライアント側で必須ですのでクライアントに移動しておかなければなりません。

FTPソフト等(FFFTP等)を利用して /home/yosi/.ssh/ に接続して identity をDLしてください。
yosiは例ですので間違わないように!


クライアント機にDL終了後サーバー上から秘密鍵 (identit) を削除

# rm -f /home/yosi/.ssh/identit

クライアント側の設定

次にクライアント側に SSH1 で接続する為に Tera Term ProTTSSH というソフトを使用します。

Tera Term Proのインストールと日本語化

@ ここからTera Term Proオリジナル日本語版をダウンロードしてください。

A まずは解凍用のフォルダを作製し、そこにオリジナルを解凍します

B setup.exeをクリックしてインストールします。

C オリジナル版を解凍した、フォルダにあるものを全て削除します。

D 次に解凍用のフォルダに、日本語版を解凍します。

E 解凍してできたフォルダ内の全ファイルを オリジナルをインストールしたディレクトリ(C:\Program Files\TTERMPRO)に上書きコピーします。

TTSSH のインストールと日本語化

@ TTSSH 本家サイトからオリジナルをダウンロードしてください。

A TTSSH 日本語版をここからダウンロードします<

B 解凍用のフォルダにオリジナルを解凍します。

C 日本語版を解凍してできたファイル全てを、先ほど解凍したオリジナルに上書きコピーします。

D 上書きした、フォルダ内の全ファイルを Tera Term Pro をインストールしたディレクトリ(C:\Program Files\TTERMPRO)に上書きコピーします。

E 先ほどの秘密鍵 identity も Tera Term Pro をインストールしたディレクトリに移動します。

ttssh の設定



@ Tera Term Pro をインストールしたディレクトリ内にある ttssh.exe をダブルクリックし、TTSH を起動します。

A Tera Term:新規接続 ダイアログが表示されますので キャンセル します。

B 設定 → @ 端末をクリック

C 両方とも EUC を指定してOK をクリック

D 設定 → A SSH 認証をクリック

E ユーザ名にログイン可能な、鍵を作成したユーザ名を入力します

F RSA 鍵を使う にチェックを入れ 個人鍵 をクリックし、鍵 identity の場所を指定してOK をクリック

G 設定 → B TCP/IPをクリック

H ホスト一覧に接続するホスト名を入力し 追加 をクリック
※ 私の場合Lan内だけなので、サーバー機のIPを指定してます。

I 設定 → C 設定の保存をクリック

ttssh を起動させる

@ TCP/IP SSH にチェックを入れてTCP ポート #22を指定してOKをクリック

A パスフレーズ 鍵で設定したパスワードを入力してその他は先ほどの設定していれば勝手に記入されているはずなのでOK をクリックするとログインできます。

B Windowsのスタートメニュー → Tera Term Pro に ttssh.exe を追加

C:\Documents and Settings\xxxxx\スタート メニュー\プログラム\Tera Term Pro
ttssh.exeのショートカットを作る。






Copyright c Vine Linuxで自宅サーバー. 2004 All Rights Reserved.